News

2019年 2月 1日

同一労働同一賃金に関する新たなリーフレットが公表されました。

厚生労働省から、リーフレット 「パートタイム・有期雇用労働法が施行されます」などが公表されました。

この「パートタイム・有期雇用労働法」は、現行のパートタイム労働法の名称が改められたものです。

働き方改革関連法による法改正によって、パートタイム労働法の対象に有期雇用労働者も含めることとし、

名称も変更されることになりました。

これは、同一労働同一賃金の実現に向けた法改正の一環であり、施行は、2020年4月1日

(中小企業では1年遅れの2021年適用)とされています。

均衡待遇・均等待遇など難解な解釈もあり、この法改正に対応するための自社の制度の整備には時間を

要することが予想されます。

これらのリーフレットなども参考にして、準備を進めるようにしましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

<リーフレット 「パートタイム・有期雇用労働法が施行されます」>

https://www.mhlw.go.jp/content/000471837.pdf

<パンフレット「平成30年度労働者派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>>

https://www.mhlw.go.jp/content/000473039.pdf

<リーフレット「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」【省令・指針反映版】>

https://www.mhlw.go.jp/content/000474490.pdf

 

 

 

2018年 7月 3日

働き方改革関連法が成立しました!!

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(いわゆる働き方改革関連法)」が、第196回通常国会において、遂に成立しました。これを受けて、厚生労働省から、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の概要」が公表されました。
これまで公表されていた概要の資料から「案」の文字を削除するなど微調整がされています。
時間外労働の罰則付き上限規制、5日分の年休付与義務、高度プロフェッショナル制度の創設、同一労働同一賃金等、実務に影響する部分も非常に多く、今一度ご確認ください。
時間外上限規制に係る施行日は、大企業が2019年4月、中小企業は2020年4月となっております。

<働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の概要>
https://www.mhlw.go.jp/content/000307111.pdf

 

2018年 4月 6日

働き方改革関連法案 閣議決定 国会に法案提出へ

政府は、4月6日、今国会の最重要法案と位置づけている「働き方改革関連法案(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)」を閣議決定しました。これで、働き方改革関連法案は、今国会に提出されることになります。
 この法案は、残業時間の罰則付き上限規制などの”規制強化”と、専門職で年収が高い人を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の新設という”規制緩和”を抱き合わせたものとなっています。
 これに加え、非正社員の待遇改善を図る「同一労働同一賃金」も柱の一つとされています。
 予定どおりに成立した場合、施行時期は、
●残業時間の上限規制については、大企業では2019(平成31)年4月、中小企業では2020年4月
●同一労働同一賃金については、大企業では2020年4月、中小企業では2021年4月
 などとなっています。特に中小企業の準備期間に配慮した施行時期が予定されています。
 
 政府・与党は、本年6月20日の今国会の会期末に向け、同法案の成立を目指すとのことですが、野党は、規制緩和となる「高プロ」創設などに反対しており、難航が予想されています。今後の動向に注目です。
 閣議決定があった旨は、こちらをご覧ください。
<平成30年4月6日(金)定例閣議案件>
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018040601.html

 

2018年 1月2日

「労働時間管理の強化」の割合が最高/働き方改革「労働経済動向調査」

 厚生労働省は、景気の変動が雇用などに及ぼしている影響や今後の見通しに
 ついて調査し、労働 経済の変化や問題点を把握することを目的に、四半期ごとに
 実施しています「労働経済動向調査」結果を公表しました。
「働き方改革の取組」をみると、現在までに実施した取組で最も割合が高かったのは
「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」(60%)、次いで「休暇取得の促進」
(54%)「育児・介護中の職員が働きやすい環境整備」(46%)となっております。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/1711/index.html

 

 

 

 

 

サービス内容

当事務所のホームページへお越しいただきありがとうございます。
当事務所では、人材の採用から育成・活用、そして退職にいたるまでの間において生じるさまざまな
人事・労務施策や問題についてサポートしてまいります。
安心して働ける職場環境づくり・人材力アップで組織力を強化し業績向上につなげられるよう支援
させていただきます。
どうぞお気軽にお問合せください。

会社をサポートする4つの視点

1.環境整備・会社にあったルール作り

就業規則

法令対応は勿論のこと
労務リスク対応、社員
行動の変革を目指した
就業規則の作成・改定

 

  2.人材育成により組織力強化・業績向上

人事コンサルティング

「人を活かす人事制
度」に視点を置いた
等級制度、評価制度、
賃金制度、人材育成
企画、キャリア
カウンセリング等

 

3.労務リスクを減らし安心して働ける職場づくり

労務コンサルティング

最新の法律改正情報のお届けとともに、労働時間管理、勤務形態の見直し、個別労働問題対応、労使問題等さまざまな労務問題のご相談・解決への糸口をサポート
 

  4.アウトソースにより本業に専念

労働・社会保険手続

労働・社会保険手続のアウトソースにより効率的な事業運営に貢献
 

 

採用から退職まで人にかかわることなら何でもご相談ください。

 


社外人事部として人事・労務管理のご支援をいたします。

 

 

まずはお気軽にお問い合せください